つわりについて

中医学とつわり

妊娠中におこる病気「妊娠病」

妊娠初期って何があるかわからず、不安ですよね。妊娠中におこる病気(妊娠病)は妊婦の健康に影響するだけではなく、胎児の発育を障害して流産や早産、切迫流産を引き起こす場合もあるので、常日頃から予防するとともに発症後の看護にも注意する必要があります。

妊娠病には「つわり」「腹痛」「子宮外妊娠」「胎動不安」「難便」「妊娠小便不通」「難産」などがあります。なんでこんな症状になるのかというと、①受胎後に血は子宮にあつまって胎児を養うため、妊婦の体は血だけが虚した状態となり、陰が不足し陽が活発に動き、体が火照ったり、イライラしやすくなる②胎児が次第に大きくなると、気を閉塞して昇降機能が失調する。多くの妊婦はこの生理的変化に適応できるが、体質要因などから臓腑の気血に異常がみられると、妊娠後に邪気を感受したりすると、損傷が臓腑、気血、衛任脈に波及して妊娠病を引き起こします。

妊娠病治療においては、原則として疾病治療と安胎の両者を重視します。妊娠期間中には、下剤薬、気を失わせる薬などは使用を禁忌します。しかしそれを本当に必要とする場合は「根拠があって行うのであれば胎児を助けることができ、また母体えの損傷もない」に従って適切な薬を選択するべきであるが、使用量は厳密に計算して、胎児を損傷しないように注意しなくてはいけません。

つわり

妊娠6〜12週頃に悪心(嘔吐に先行するむかつきのこと)、吐き気、めまい、食べ物の匂いを嫌う、食べるとすぐ吐き出すなどの症状を現すものを「悪阻(おそ)」といいます。金匱要略(きんきようやく)には妊娠悪阻治癒の記載があり、また「諸病源候論」では「悪阻候」として専門的に論述されています。つわりは妊娠初期によくみられる症状であって、悪心・酸っぱいものを食べたがる・好き嫌いといった症状だけの場合や、昼間に時たま嘔吐するだけの場合があります。これらは妊娠初期の正常な反応であり、一般的には妊娠3ヶ月ごろには落ち着くと言われています。

病因病機

つわりの発生は何が原因なのでしょうか?

①脾胃虚弱

妊娠6〜12週ごろに悪心、嘔吐して食欲がない、疲労感が有り眠いなどの症状がみられます。

→妊娠期には胎児を養うため腎(子宮)で血が盛んになります。脾胃虚弱体質の人は、血が不足すると、脾の機能が失調します。その結果、悪心・食欲不振・味覚低下・疲労感を生じで眠いなどの症状があらわれます。

脾胃虚弱体質の人におすすめな食べ物

本当に気持ち悪いと思いますので、食べれるものを食べてほしいですが、ものによっては脾胃の機能をより悪くしてしまう可能性があります。私がおすすめしたい食べ物が「生姜」「陳皮」「棗」の3つ!スーパーなどで手に入りやすいですし、「薬膳ちょっと知ってるーーーー!」って言う人なら絶対に聞いたことあるからです。

何でもいいので生姜を入れてみてください。生姜の香りで気分もリフレッシュできると思うので、本当におすすめ!しかし私はつわりのときはこの土臭さがだめでした;;

でも、薬膳的には脾を強くしてくれるし、体を温めてくれるので妊娠中のつわりにおすすめ!でも、無理!と思ったら食べないこと!

「陳皮」はみなさん耳にしたことはありますよね?薬膳といえば・・・みたいな食材ですもんね!みかんの皮を干したもの!もし陳皮が買えなかったら、柑橘類の皮を干して刻んで使ってください。私は陳皮ならつわり時のときいけました!

「棗」は「なつめ」。甘くて美味しいです。なんか、甘いものなら食べられる!という人も多いのでは?こんなときにアイスとか食べちゃうと、脾を傷つけてしまいます;;でもつわりのときって冷たいものがグイグイいけちゃうんですよねー、なんかオレンジジュースとかサイコーみたいな感じになっちゃう。けど、それもNG!冷たいものですからねーー。そんなときは棗がおすすめですよ。温めてくれる力もあり、脾を強くしてくれます。よく赤い食べ物(小豆、なつめ、くこのみなど)は体にいいって聞きません?今聞いた人は覚えておいてねー

つわり時は辛いですけど、赤ちゃんが元気に育っているということで頑張って乗り越えましょう!!育児や仕事しながらのつわりって本当に死にたいけど、かわいい子どもが生まれてくる!と思えば、がんばれます!生まれてからのほうがとっても大変ですからね;;笑

開催日・ご予約

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です