妊娠が原因で声が出しにくくなる

こんにちは!妊娠が原因で声が出しくくなるの?というところですが、本当にこういう病気になる人はいます。

私がそうなんです。

妊娠後期にかけて声の出が悪くなり、肌荒れが悪化したのをすごく覚えています。漢方や薬膳で改善しようかと思ったのですが、やはり時間がかかるということもあり西洋医学の力を借りようと、耳鼻科に行きました。しかし、「原因不明」と言われ、子供を産み、子育てに追われ、薬膳の料理教室の運営もやりながらの生活だったので、声の低さは治らないものだと思っていました。

 

しかし!!!これは病気だと、最近買った婦人科の病気の本に記載されていました。やはり病気だったのですね。安心です。

 

妊娠後期になって声がでなくなる、低くなることを「妊娠失音」と言い、皇帝内経にも記載されていたほど。

中医学では妊娠は腎が強くなければ妊娠できないと言われており、妊娠期間中は常に腎が大切になってきます。腎の栄養が胎児へと渡るため、肝や肺、心に影響を受けやすくなります(五行学説より)。喉が低くなる、または声が出にくくなるという症状は肺と密接な関係を持っています。よって腎肺が弱っていると考えていいでしょう。具体的に言うと、腎脈は喉を通り、舌根につながっています。腎精が上がらなくなって声が出なくなるという症状が起きます。

食べ物では改善は非常に難しいです。漢方薬では、六味地黄丸を飲んでいただくと治ると書いてありますが、お医者さんのもとの飲んでいただければと思います。

漢方、生薬はお薬なので、間違って飲んでしまうと、後戻りはできなくなりますので、お気をつけて。

 

開催日・ご予約

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です